LED照明はどんな特徴を持っている?メリットは?


LED照明の光を放つ仕組みは?

LED照明が世間に登場してしばらく時間が経ちました。LEDとは発光ダイオードのことで、半導体結晶の内部で電気エネルギーを光に変化させて光源としています。

現在公共施設や企業、一般家庭でもLED照明が使用されるようになっています。

LED照明の持つ特徴

LED照明の大きな特徴は、寿命が長いことと消費電力が少ないことです。

LEDの寿命は4万時間から6万時間と非常に高寿命です。白熱電球と比較すると約40倍、蛍光灯に対しては約4倍というデータがあります。消費電力は白熱電球の約6分の1、蛍光灯の約2分の1です。

また、発熱量と紫外線の放出量が少ないことも特徴として挙げられます。

LED照明を使用すると

LED照明は他の照明に比べると、消費電力が少ないので電気料金を節約できます。発熱量が少なく電気を使用していても、室内の温度に影響をあたえないので夏場の冷房費も削減できるでしょう。

それに、LED照明を高寿命のため長い間照明を取り替えずにすみます。高いところや狭いところについている照明に使うと、交換作業の手間も減らせます。

長く使えるので廃棄する機会も減り、地球に優しくエコだとも言えます。水銀を使用していないのも環境に優しい点です。

紫外線の放出量が少ないので、虫が寄ってきづらいというのもメリットと言えるでしょう。

LED照明を選んでみる

このように得られるメリットの大きいLED照明です。

現在白熱灯や蛍光灯を使用しているなら、照明を新しく取り替えるときはLED照明を選んでみてはいかがでしょうか。

LEDライトパネルの場合、紫外線が発生しないので虫が集まりにくく、防水タイプも多数ラインナップされているため、屋外でも安心して使用できます。