セックスの痛みは体質が原因?性交痛の詳細を正しく理解しよう!


性交痛の種類と原因について

セックスを行う際、女性によっては複数回の経験があるにも関わらず強い痛みを感じることがあります。性交痛と称される痛みは一般的にセックスの際に膣内の分泌液が少なく、余計な摩擦が生じるのが原因と認識されています。しかし実際には女性の体質に因ることが多く、状態を改善するためには医療機関での治療が必要になるケースもあるので注意が必要です。

性交痛の原因は処女膜強靭症をはじめとした、膣内の不具合が多数を占めます。処女膜を形成する膣内の粘膜のひだが大きいために複数回の性交を経ても摩耗せず、痛みを感じてしまいます。また、生まれつき膣口が小さいのも強い性交痛が生じる原因の一つです。体質に因る性交痛は自然に解消されることは殆ど無いので、医療機関で治療を受けるのが適切な対処法になります。

性交痛の治療を受ける際の注意点

性交痛の解消を目的とした治療を受ける場合、原因に合わせた方法を選ぶことが大切です。婦人科など女性特有の疾患に詳しい専門医の下で治療を受けるのが早期の改善に繋がります。また、性交痛の治療は医療保険が適用されないことが多いので、予算を考慮して慎重に判断します。性交痛の治療を受けている間はセックスが出来ないのが普通なので、恋人や配偶者がいる人は予め話し合っておくこともトラブルを避けるための心がけです。

性交痛は日々の暮らしの中で生じるストレスの原因にもなります。セックスは楽しんで行うものなので、恋人や配偶者に理解してもらいなから適切な治療を受けて状態を改善させることが大切です。

性交痛によって考えられる病気は子宮内膜症や、子宮筋腫、卵巣腫瘍や細菌感染などの炎症によってもたらされる場合があります。