CADを導入する時に押さえておきたいポイントとは!?


CAD導入によるメリットについて

CADは製図作業が劇的に簡単になると言われていますが、導入することで具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。まず第一に言えることは、CADの導入によって自動化できる作業が増えて、圧倒的に効率化されることです。直感的に使える部分も多く、サクサクと製図できます。使い方をある程度マスターすれば、さらにスピードアップさせることも可能です。またCADはデータとして製図を保存できるので、場所を取らないというメリットもあります。ただし、大規模な製図をCADで作る場合、パソコンの性能によっては処理速度が遅くなってしまうケースもあるようです。このため膨大なデータでも問題なく処理できる、ハイスペックなパソコンを選ぶことが大切だと言えるでしょう。

検討しておきたい3DCADの導入

CADを導入する時に、一度検討しておきたいのが3DCADの必要性です。CADソフトは年々進化を続けており、業界では3DのCADの需要が少しずつ高まっているようです。クライアントから3Dでの製図を求められた場合、3DCADのソフトやスキルが無ければ、ライバル会社との競争に負けてしまいます。このため、業界の動向や将来性をしっかり考えた上で、必要に応じて3DのCADを導入した方が良いかもしれません。また、CADソフトはITネットワークと連携しやすいかどうかも重要なポイントです。クラウド上でも問題なくデータを共有できるかどうか、タブレットにも対応しているかどうかなど、汎用性についてもチェックしておきましょう。

電気図面の作成をするために便利な機能を追加したり、記号を追加したCADのことを電気CADといいます