心療内科は一般市民が気兼ねなく通って良い施設です


うつ病は身近な病に、違和感を覚えたら相談へ

うつ病はすでに国民病とも言われています。ストレスフリーで暮らす事が難しい時代になりました。以前はハードワークに従事するビジネスマンや専門職の方々だけが、精神的なトラブルに苦しめられました。ところが今現在では職業や生活にかかわらず、うつ病を発症し、仕事や学業や家事に支障を来たしています。原因は様々であり、暮らしの変化や人間関係や労働条件の悪化などまさに千差万別です。

仕事や学校に行くのが億劫で毎朝起きるまでに長時間掛かる、職場や学校に到着すると急に頭痛や動悸、気分の悪さに悩まされる等、このような症状に心当たりがあれば一度心療内科に相談した方が良いかもしれません。専門性が高い医療施設ではありますが、ほんのちょっとした心身の変化からでも気兼ねなく相談してOKです。実際に欧米諸国では、いわゆるデンタルクリニックのような感覚でカジュアルに使われており、日本国内でも徐々に身近な存在になって来ました。

うつ病対策の方法とは?

うつ病になりやすいのが、生真面目な性格の男女です。責任感が普通の人々よりも強く毎日熱心に勉強やスポーツ、そしてお仕事や家事などに打ち込む方々こそ、実はうつ病の危険性が高くなります。ストイックな性格は高い成果を出すのに適したものですが、何事も頑張り過ぎは禁物です。うつ病対策として推奨されるのが、趣味によるストレス解消です。一見無意味に見えるプライベートでの活動が、心身のリフレッシュに要ります。仕事や家事が多忙になると、真っ先に趣味の時間が犠牲になりがちですが、うつ病対策のためにも意識して趣味に充てるお小遣いと時間は確保しなければなりません。

岡山の心療内科はカウンセリングだけではありません。集団行動など心のリハビリの指導もしてくれるのです。