CADで作業を効率化!!誰でも同じように作成可能!!


過去の情報の活用がしやすい

建築の設計や機械製品の製図設計などに使われるシステムとしてCADがあります。元々は技術者が紙に鉛筆などを使って作成していました。技術者と言えど失敗せずに書けるわけではなく、消しゴムで消したり線を引いたりして作成しなければいけません。完成した製図の中には途中まで同じで一部を変更するなどして使うときもありますが、その時は元の図面を見て途中まで作成し、変更部分を追加する方法で作成する必要があります。CADのメリットとして過去の製図例の活用がしやすい点があるでしょう。一部変更なら不要な線などを消去しますが、線のみを消せたりするので一から作成する必要はありません。業務の効率化にもつながりますし、複写漏れなどのミスも少なくなるでしょう。

製図職人による差が少なくなる

機械で自動的に行えるものだとほぼ同じ作業を繰り返し行ってくれます。しかし人の作業が必要な部分では人による違いが微妙に出たりもするようです。特に技術者や職人と言われる人の作業ではそれぞれの人独特の違いが出たりして、同じ目的で作成されたものでも違いが生じたりするようです。製図や設計を手描きで行うとそれぞれの職人に特徴が出て、線の引き方や線の濃さ、文字情報の書き方などが異なって後から使うときに苦労するときがあります。CADで作成された製図だと線の引き方や線の濃さはだれが描いても同じです。どこにどんな文字情報を入れるかは職人で多少違いが出るでしょうが、文字の大きさや読みやすさは同じなので非常に見やすいでしょう。

水道CADとは、上下水道の配管図面を描く時に使うCADソフトのことです。通常のCADと違い、配管に必要な部材があらかじめ保存されています。