「うつ病」治療の新たな選択肢!磁気を当てる治療法とは?


「うつ病」の症状や原因とは?

うつ病は、特定の原因が無いのに気持ちが落ち込んだ状態が2週間以上続き、日常生活に支障を来たす心の病気です。食欲不振や不眠など、体の不調から自覚する場合もあります。通常は、何らかの原因で落ち込むことはあっても、時間経過とともに軽減しますが、うつ病の場合は回復が見られず、特に午前中に症状が重くなる傾向があります。うつ病の原因は、極度の疲れやストレスで、完璧主義者や几帳面な性格の人がかかりやすいと言われています。何もできない、何も楽しめないなどの症状が続いたら、早めに病院へ行きましょう。

磁気を当てる治療法「磁気刺激治療」

うつ病の治療の1つに薬物療法ありますが、薬の副作用や、人によっては効果が出にくいなどのデメリットがあります。しかし、近年「磁気刺激治療」という新しい治療法が導入され、注目を集めています。「磁気刺激治療」は、専用の機器を使って、脳に磁気の刺激を与えて活性化させ、うつ病の症状を軽減する治療法です。「磁気刺激治療」の最大のメリットは、体への負担や副作用がほとんど無いことです。そのため、薬が効きにくい人はもちろん、薬物療法に抵抗がある人や、副作用が出やすい人への効果も期待されています。また、短期間で効果を実感する人も多く、前向きに治療を継続できる要因にもなっています。ストレス社会と言われる現代において、うつ病は誰でもかかり得る病気です。「磁気刺激治療」は、そんなうつ病治療の選択肢を増やす、画期的な治療法なのです。

光トポグラフィーを利用した診察を受ける事によって、血液の流れから病気を発見できるようになっており、早期発見も可能です。