エッチングと酸洗いは別物?それぞれの違いと目的


酸洗いは化学洗浄処理

酸洗いは酸性の溶液に金属製品を浸し、表面の汚れを溶かして綺麗にする化学洗浄処理の一つです。金属製品は加工の際に様々な汚れがつく傾向にあり、溶接では黒い煤のようなスケールが付着しますし、切断や切削ではそれを行う機械に使われたグリースが付着することもよくあります。これらの汚れは普通のブラシなどによる摩擦洗浄では取り切ることが難しく、こうした汚れが残ったままだと後から塗装する場合などに、塗料と製品の間に不純物が混じってしまうことになるため剥がれやすくなり、耐久年数が下がってしまうことになります。またステンレスの防錆性能を引き出す場合も一度表面の汚れを綺麗にかつ均一に取り除く必要があるため、表面を一括して洗浄できる酸洗いが活躍することになります。

エッチングは表面加工処理

エッチングとはさんを使って製品に文字やマークを浮き上がらせる表面加工処理です。金属製品の一部に防食処理を施し、その付近に酸の溶液を塗布して溶かすことで溶けた部分と防食処理をされて溶けなかった部分とで段差ができることになり、それによって彫刻を施したように文字やマークを刻印することができます。

酸洗いは汚れだけを溶かすがエッチングは金属を溶かす

酸洗いとエッチングはそれぞれ酸の溶液を金属に付ける点は同じですが、酸洗いでは金属はなるべく溶かさずにその表面についた被膜や汚れだけを溶かすことを目的としています。その反面エッチングは基本的に洗浄後の金属に対して塗布し、製品を部分的に溶かすことを目的としています。そのため酸の溶液の配合がそもそも違いますし、使用目的や使う際の器具や工具も大きく違うのです。

酸洗いとは、ステンレスの溶接焼け跡、もらいサビ、水あかの汚れを硫酸や塩酸などを使用して除去することをいいます。